三八城神社の木

境内入り口にある公孫樹。
まだ細っこいですが、秋には枝が下がるほどびっしりと銀杏をつけます。たくさん拾わせていただきました。
d0108344_9123482.jpg

まだ落ちてます。食えるかな?
d0108344_9133287.jpg






梅。そろそろでしょうか。
d0108344_9131119.jpg


花蘇芳(はなずおう)。わたしがはじめて来た時は既に花は終わっている時期だったので、気付きませんでした。
d0108344_9152856.jpg


蔓の先にウリのようなものがなっていました。半分に裂けて綿毛がのぞいています。
調べてみるとがが芋でした。凄い名前だ。
d0108344_9165937.jpg


公会堂側にある辛夷(こぶし)の大木。4,5又に分かれています。
根の近くにサルノコシカケは生えているし、枯れ木かと思ったら何本か生きている枝がありました。
d0108344_9191176.jpg

木の近くに寄って写真を撮っていたら、通りすがりのおっちゃんに「枝落ちてきて危ないから、寄んない方いいよ~」と声をかけられました。あぶないあぶない。
[PR]
by bayabayatto | 2007-03-02 09:21 | 神社
<< 神明宮 三八城神社の稲荷神社の狛犬 >>