神明宮の木

境内ぎりぎりのところに御神木が根をおろしています。
600歳はいっている大銀杏です。
d0108344_9554059.jpg






公孫樹は水を多く含み燃えにくい為、何度もの大火から本殿や近辺を守り抜いてきたそうです。
周りにはぐるっとベンチがおかれ、木をみながらぼーっとすることができます。
d0108344_104091.jpg


乳柱がさがっていますが、この木は雄。
d0108344_1034258.jpg


わたしが住んでいるところからも、長根堤をはさんでてっぺんがみえます。
d0108344_1043127.jpg


柾(まさき)の実がぱっくり割れていました。
d0108344_105688.jpg


梅はまだまだです。といって油断しているうちにいつも出遅れるのですが。
d0108344_106387.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-03-02 10:06 | 神社
<< 行者葫 神明宮の狛犬 >>