酒菜屋

じぶんでまま支度をするようになって、早1年半。母がいちばん心配してわたしがトイレに立った隙にS氏に「ちゃんとやってるんでしょうか…」と訊くくらいでしたが、死なない程度に何とかやっています。何といっても自分のきらいなものは出さなくてもいい!!自分のすきな味付けができる!!まあ、理想とは程遠い味付けになることもしばしですが。
が、しかし。どちらかの実家に帰って「かちゃのメシ」を数日食うと、ひとがこさえた飯が食いたくて食いたくてたまらなくなります。
というわけで、実家に3日滞在して八戸に戻った日は珍しくS氏の仕事きり上げも早かったので、母から誕生日祝いに貰った諭吉さん1枚(いい度胸だなー)を握り締めて街へ出てしまいました。
いちばん行きたかったおみせは季節柄満席でしたので、毎日前を通って気になっていたおみせに行きました。ここも団体であわあわしていましたが、カウンタに座ることができました。
ビールはエビスです、やたー!!

突き出し
d0108344_2354775.jpg

手前は蛸の白子、奥は鮫の酢味噌あえでした。
母がたまにこさえる鮫フライは酸っぱくて苦手でしたが、酢味噌あえは素直にめー!!



梟が看板のおみせ、店内にも梟がいっぱいいます。

あん肝
d0108344_23551439.jpg


ごっこのからあげ
八食で対面する前だったので、この時点ではアイツとわかりませんでした。
d0108344_23553866.jpg


揚げ鶏のナントカがけ
いい鶏だったような気がするのですが、酔ッパ度80%なので勿体無いですな。
d0108344_23561471.jpg


調子こいで、もう一軒!!

2007.03.09
[PR]
by bayabayatto | 2007-03-23 00:02 | たべもの
<< 半兵ヱ フェリー埠頭 >>