漫々亭

久々の青森外飯。広州のタンタン麺さすが、、繁の海鮮炒飯もいいな、探夢路もしばらく行ってねな、おちゃん元気だべが…とぶつぶつ云っていると、S氏が「むかし堤に勤めてた時によく行ってたとこに行きたい」と提案したので、行ってみることにしました。餃子がおいしいおみせのようです。
入り組んだところにあるらしく、この通りでもない、ここでもない、そこは一通!!と車でばやばやしていると、黄色い看板に「うざ」の字が見えました。
d0108344_12412246.jpg


日曜なのでやっているか不安だったのですが、暖簾が出ていました。ヨシヨシ。
S氏は中華丼、わたしはラーメン、それと餃子を頼みます。
d0108344_12425252.jpg

おかあさんに「写真撮ってもいいですか?」と訊くと、「もっとおいしそうにつくればよかった!!」と返事が返ってきました。このままでも十分めそだや~。
中華丼、具が多すぎてなかなか飯に到達しません。ころころに切った豚バラが入っています。ラーメンはちょっとしょっぱめですが、あっさりしていておいしい。
餃子は皮はがりっと焼いてあり、具がとろとろしています。中華香辛料がきいていて、おもしろい味でした。

むかしはおとうさんとふたりでやっていたそうなのですが、今はおかあさんふたりです。レジの脇におとうさんの写真が飾ってありました。

外の値段とは若干違っています。
d0108344_124976.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-03-27 12:49
<< 春の八甲田 雪壁 >>