根城の広場の薬草

花はまだですが、浅葱(あさつき)がおいしそうにおがっていました。薬草園からこぼれ種したらしく、柵を越えて寺の跡地にはえています。初夏に薄紫のぽんぽんのような花をつけます。
d0108344_19195339.jpg




行者大蒜(ぎょうじゃにんにく、あいぬねぎ)も兎の耳のような葉を伸ばしています。
d0108344_19212185.jpg


韮(にら)もおがりはじめは紅いんですね。
d0108344_1922520.jpg


牛蒡(ごぼう)。去年は花を見られませんでしたが、薊のような花だそうです。
d0108344_19242021.jpg


イネ科の草もこんもりしてきました。
d0108344_19244781.jpg


おっと、どんぐりの木もあったのか。
d0108344_19251325.jpg


ユリ科の何かでしょうか。芽自体が花のようです。
d0108344_19255285.jpg


水仙かな。雪にあたったらしい箇所が黄色くなっています。
d0108344_19263931.jpg


夏水仙(なつずいせん、リコリス)、夏、花が咲く頃には葉は枯れます。
d0108344_19283942.jpg


雪柳の枝にみのむしがいました。
雪柳の芽はちいさな緑の花のようにみえます。奥に紅いもっと小さな蕾がのぞいています。
d0108344_1930516.jpg


やたら勢いのいい連翹(れんぎょう)。もう咲いているお庭もありました。
d0108344_19304288.jpg


2007.04.02
[PR]
by bayabayatto | 2007-04-03 19:21 | 植物
<< 雀 七崎神社の燈籠 >>