正月の雑煮

もちで思い出しましたが、みなさんのお雑煮はどんなものですか?
日本あちゃこちゃ、地方によって様々らしいので非常に気になります。

わたしがこさえるのは、昆布と鰹節の出汁に、鶏胸肉、鳴門(かまぼこでもいい)、短冊切りの大根、人参、ささがき牛蒡、みつば、もしくはせりを入れた醤油味。
もちは実家のもちつき器の、のしもちを焼いたのを入れます。
d0108344_223412.jpg

今年の正月、青森から戻って5日に食ったもの。

実家では必ず仏壇にあげるので、肉は法度でした。わたしが食べられない椎茸が入っていました。元旦以降誰も食わないので、椎茸をのけてわたしひとりで食ってました。醤油はふつうの濃い口醤油でした。
結婚してすき勝手できる今、年越しはS氏の実家でするのですが、帰ってからじぶんでもこさえます。
結婚前は年越しをともにしていた友人宅の、かまぼこ、もち、みつば、のシンプルな雑煮が美しかったなあ~。わたしがこさえると、ごった煮になってしまいます。

もちはいつ食ってもいいのですが、雑煮だけは正月にしか食わない、というアタマになっています。せんべい汁のせんべいがもちに、ひっつみ汁のひっつみがもちになるだけなんですけどね、不思議です。S氏もこれには七味唐辛子を投入しません。
[PR]
by bayabayatto | 2007-04-20 22:41 | たべもの
<< レールバスとあそぼう 一関のもち >>