はちのへ1周年

おっと、いつの間にやら日付がかわってしまった…。
というわけで、八戸に越してきてから無事1年が過ぎました。

はちのへといえば、はやて、勢登寿司、イガ、朝市、えんぶり、三社大祭…そして冬は凍みる!!というくらいの知識しかありませんでした。
今年は暖冬だったので、これの世話にならずに済みました、いがった~。
d0108344_0385186.jpg

(越してすぐは、画像がメシぐらいしかありませんでしたので、これをば)

1年前の今日は物凄く天気がよく、明るいきもちで青森を経ってきたのはいいけれど、挨拶まわりで不愉快な目にあったり、ガス台がなく(青森とガスが違ううえに、置くところの幅が狭く買い替えが必要)、灯具もまにあわせのひとつしかなく、珍しく涙目で「青森帰る」と思わず口にしてしまいました。さくらが満開だったのに、見る余裕すらありませんでした。

はじめのうちは八戸に住んでいる、というより、わんつか長い旅に出ている、滞在している、という感じでしたが(その割には、部屋にはあっという間に生活感出まくりでしたが)、いつの間にか青森から帰ってきて高館の坂から八戸の町並みが見えると「帰ってきたな~」と感じるようになりました。

もうわんつか、よろしぐの、はづのへ。朝市まだ行ってないし、小唄寿司も食ってないぞ!!
[PR]
by bayabayatto | 2007-05-03 00:55
<< 新井田川のさくら わや~ >>