常堅寺のかっぱ狛犬

常堅寺にはもう一対狛犬がいます。
それがかの有名な「かっぱ狛犬」。
にゃはー。(阿)
d0108344_183110.jpg




上から失礼!!これがかっぱと云われる由縁の皿というか穴というか…。(阿)
馬を川にひきずりそこねたかっぱが、おわびして母と子の守り神になり、常堅寺の火災時には皿から水を吹き出して消しとめ、今でも狛犬として境内にいる、と案内にはありましたが、「角があったあと」やら「蝋燭を立てるところ」など、諸説あるようです。
お賽銭入れられて、なんだかいんずそうね。
d0108344_18223480.jpg


吽は鼻、前脚、後ろ脚、尾が欠けてしまっています。脚は修復されています。
d0108344_18254799.jpg


尾の穴にも賽銭が…。(吽)
穴があいているということは、尾もいちどは修復されたのでしょうか?
d0108344_18245767.jpg


大事にされてるんだね。(吽)
d0108344_18262568.jpg


3つに分かれた尾の両側に、うずまきふたつ。百合のようです。(阿)
d0108344_18281660.jpg


むっちり太腿がめんこい。(阿)
山門そばの狛犬同様、手前の前脚をきもち持ち上げているようにみえます。
d0108344_1829958.jpg


たてがみは毛先だけうずまき。(吽)
あ、右足の内側がはがれかけている。
d0108344_18271325.jpg


ちょっとすきッ歯気味?(阿)
d0108344_18294958.jpg


あせるあまり、何を護っているのか確認し忘れました…。
2007.04.26
[PR]
by bayabayatto | 2007-05-14 18:03 | 狛犬
<< なしのはな 常堅寺の狛犬 >>