春の食卓

名久井岳でわたしがさくらを見ている間に、S氏は薮で山菜採りにはげんでいました。
採れたのはうど、こごみ。早速食卓に登板願いました。

うどの酢味噌和え。
つい最近までにがくて食えなかったのですが、アクのあるものばかり食べ続けていたせいか、知らぬ間に食えるようになっていました。いいことだ!!
とりたてを茹でたものは翡翠のようにきれいなのですが、翌日皿に散らかして写真を撮ろうとしたら…アクが抜け切っていなかったらしく、中心が黒ずんでしまっていました。
d0108344_1263745.jpg





見た目は毛むくじゃらで、こんなにごっついんですけどね。
d0108344_12242725.jpg

写真を撮る間もなく処理してしまったので、これは実家の庭の片隅に父が植えたもの。

穂先は天ぷらで頂きます。
うどの収穫が続くと、天ぷらも続く、ということになります…。
わたしは塩と大根おろしで食いますが、S氏は天つゆと大根おろし。だしをとるのが面倒だったので、冷蔵庫に眠っていた納豆のタレで勘弁してもらいました。
d0108344_12251979.jpg


こごみは茹でてごま味噌あえに。ちょっと甘めのあえ衣が合うようです。
去年も一昨年も食ったはずなのですが、今年このおいしさに目覚めました。
d0108344_1226318.jpg


帰りに寄った名川の産直で、うるいを買いました。生姜醤油とマヨネーズあえの二品。
先日居酒屋で食ったらめがったのですが、茹で時間が足りなかったらしくかなり苦くしあがってしまいました。
d0108344_12385918.jpg

「葉は天ぷらにするとよい」とネットでみたので揚げてみましたが…苦すぎ!!

2007.05.11
[PR]
by bayabayatto | 2007-06-05 12:39 | たべもの
<< 階上岳の春 名久井岳のさくら >>