黄金山神社の狛犬

鳥居と社殿の間に1対います。
なんかネットでみたのと違う…もっとつるっとしていて、長細~いかんじだったような…。でも、これだって立派な狛犬!!(阿)
d0108344_950660.jpg




3段重ねの台座にすわっています。(吽)
d0108344_1071193.jpg


派手な前掛けをしています。南部では注連縄をかけられた狛犬はみますが、これはこれは。(阿)
d0108344_9521098.jpg


南部の狛犬は曲線を描く猫背が多いのですが、この狛犬は背筋をびしっと伸ばしています。(阿)
d0108344_95329.jpg


放射状に伸びたうずまきと、立ち上がる房をしたしっぽ。先端は背中にくっついています。(吽)
d0108344_9554863.jpg


横からみると、こんなあんばい。(阿)
d0108344_9572325.jpg


前脚をそろえた、おすまし。(吽)
d0108344_9504941.jpg


シャープなふともも。(吽)
d0108344_958916.jpg


たてがみは顔の脇はうずまきですが、うしろはすべて直毛。(阿)
d0108344_1004245.jpg


頬の毛が目立ちます。犬や猫を撫でているときに、つまみたくなる部分です。(吽)
d0108344_1015631.jpg


そのせいか、顔が薄く見えます。(阿)
d0108344_1021826.jpg

明治33年旧4月17日建立…やっぱり文化財狛はこれじゃない…。

2007.06.24
[PR]
by bayabayatto | 2007-06-19 10:03 | 狛犬
<< 黄金山神社の狛犬 市有形文化財 黄金山神社の神殿狛犬 >>