黄金山神社の馬

無事狛犬を見たところで気を抜いてはいけません。ここには馬もいます。しかも1頭ではなく、1対。

どちらも口を閉じているので、阿吽ではなく、神殿に向かって右左で区別したいと思います。
ひとっこよさそう~。(右)
d0108344_10493444.jpg




狛犬同様、前掛けをしていますが剣のような型の先に鈴がついています。(左)
d0108344_1051426.jpg


背あてもされています。(右)
d0108344_10521393.jpg


先が丸いしっぽ。元から丸いのか、尖っていたのが風化したのか。(左)
力強そうな、頼もしいおしり。
d0108344_10533939.jpg


踵部分。ピンピールです。(右)
d0108344_1054591.jpg


狛犬は神様の宝を護る為にいますが、馬は何の為に?生き馬を奉納するかわり、絵馬と同じなのでしょうか?(左)
d0108344_10562596.jpg


昭和10年旧7月17日建立。世界が混乱していた時期です。(右)
d0108344_11015.jpg


2007.05.24
[PR]
by bayabayatto | 2007-06-19 11:00 | 神社
<< 入内観音堂 黄金山神社の狛犬 市有形文化財 >>