ふき採り

まだ5月末の山菜話です。

冬のけの汁のために、ふきを採りにでかけました。
知りませんでしたが、赤い茎のふきは「もぢふぎ(餅蕗と思われる)」といわれ、べちゃべちゃしていてまぐないのだそうです。しゃきっとあおい茎のふきを選びましょう。
d0108344_1040396.jpg




ばっけは綿毛になりました。茎を味噌で炒めたのもめがったです。
d0108344_10422688.jpg


川沿いの切り立った崖っぷちを歩いて採りに行きます。
d0108344_10432619.jpg


入り口にはこんな看板が…。
笑うところではありませんが、熊に注意看板もいろいろあってたのしいです。いちばんこわくなさそうなのは、高速道路の張り紙でしょうか。
d0108344_10443956.jpg


なぜかいきものが棲まない川だそうです。3時間ばかり歩くと立派な瀧があるそうです。
d0108344_1152687.jpg


何本もの沢が流れ込みます。
d0108344_116495.jpg


しだが胞子をつけていました。
d0108344_1165232.jpg


木漏れ日の中のにりんそう。
d0108344_1174310.jpg


でっかいかたつむり。
d0108344_118238.jpg


のびのび、とちの葉。
d0108344_11103367.jpg


2007.05.30
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-03 11:09 | たべもの
<< 春さもだし 藤ヶ森稲荷神社のきつね『ろ』 ... >>