猿倉温泉のみずばしょう

山菜採りに行った後は、必ずといっていいほど風呂に入って帰ります。近場の場合はもっぱら横内のかっぱ湯ですが、今回は八甲田まで来たので、猿倉温泉につかることにしました。
国道103号線からわき道にわんつか入ったところにありますが、目覚めたばかりのみずばしょうが出迎えてくれました。
d0108344_1137495.jpg




背丈はまだ15cmばかし。まだ可憐な姿です。
遅く降った雪でやけているものが多いので、真っ白いのを探すのが大変です。
d0108344_11383218.jpg


どーどーと流れる雪解け水に手をつっこんでみると…あたりまえですが、しゃっけ!!
流されそうになっているみずばしょうもあります。どんぶらこと流された先でまた群落をこさえるんだべが。
d0108344_11404643.jpg


露天風呂からも、斜面におがったみずばしょうを見ることができました…が、湯がビリビリするほど熱すぎて、のんびりしてらいねした!!
d0108344_1140993.jpg


雪はたんまり残っていますが、ぶなも芽吹きはじめました。
あちゃこちゃでうぐいすも騒いでいます。
d0108344_11421388.jpg


2007.05.30
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-03 11:43 | 植物
<< 春の睡蓮沼 みず >>