岩木山神社 拝殿 弘前市百沢

きらびやかな中門をくぐると、丹塗りの拝殿が現れます。
d0108344_1745252.jpg




これも県の重要文化財。
天正17年(1589)正月におきた岩木山噴火による火災により、百沢寺が全焼した後、慶長8年(1602)から寛永17年(1640)にかけて百沢寺本堂として建てられたそうです。
ここには電気が通っていないそうで、灯りは蝋燭に頼っているそうです。
d0108344_1774669.jpg


面白い注連縄がかかっていました。
ねじった太い縄の上に、俵がのっています。
d0108344_1785977.jpg


拝殿の上に、虎がいました。
d0108344_179424.jpg


右に神饌所があります。
d0108344_17104337.jpg


本殿、奥門は非公開です。
本殿は黒漆に金の龍が巻きついた豪華絢爛なものだそうです。
d0108344_17124136.jpg


垣根から色が落ちているのか、石垣があかく染まっていました。
d0108344_17135949.jpg


2007.06.01
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-06 17:14 | 神社
<< 岩木山神社の狛犬『い』 弘前市百沢 岩木山神社 中門 弘前市百沢 >>