八戸七夕まつり

八戸の夏をつげる七夕まつり。
流し踊りには間に合わなかったのですが、初日にでかけて参りました。
d0108344_7283688.jpg




午前中降っていた雨は運よくあがり、湿度とひとの熱気でむんむんでした。
d0108344_7395037.jpg

吹流しさわさわ~。昨年は雨の為、おろしているところやビニルをかけているところが多かったのです。
d0108344_733152.jpg


青森にはないおまつり、「ただ吹流しがぶらさがってるだけだべ~」と侮るなかれ。その吹流しが面白いんです。
お面がついたもの
d0108344_7383062.jpg


燈籠がついたもの…と各店工夫をこらしています。審査も行われるとききました。
下ではこどもたちが吹流しに触れようと、びょんびょん競ってとびはねていました。
d0108344_7393046.jpg


この数日のために、八戸では街の歩道に竹を支える柱のための穴があいています。
d0108344_7342227.jpg


穴の蓋も撮ってあったはずですが…探せませんでした。
穴がないところでは街路樹の柵やベンチなどにくくってあります。
d0108344_7343578.jpg


街の通りは歩行者天国になっており、ストリートライブや三社大祭のお囃子があちゃこちゃで行われていました。
d0108344_7372348.jpg


みろく横丁も大混雑!!
d0108344_7374599.jpg


歩きながら生ビール!!といきたかったのですが、勤め先の飲み会をぬけてきたS氏が早くもふらふらになっていた為、鶏のお店に入ってしまいました。
S氏がもらってきた東奥日報のPR版。
d0108344_743479.jpg


短い北国の夏、みなさんも愉しくお過ごしくださいませ。
d0108344_7421341.jpg


2007.07.20
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-22 07:46 | 催し
<< 鬼神社の狛犬『は』 弘前市鬼沢 たんぼの中のやがん >>