海童神社 板柳町表町

藤崎までばやっとしている途中、鳥居があったので寄ってみました。
d0108344_7272514.jpg




かいどう…じんじゃ…でいいんだべが?川の童子ならかっぱですが。
d0108344_7282717.jpg


社号標。旧社格はしるされていませんでした。
社号票の建之年月日も見て歩けばいいのに…と今気付きました。
d0108344_729544.jpg


赤く塗られた二の鳥居にかくれて、こちらを伺っているヤツがいます。
二の鳥居、丹の鳥居…かけているんだべが。
馬もいたのですが、近隣で工事をしていたひとたちがまわりに車を停めてやすんでいたので、近づけませんでした。
d0108344_731628.jpg


由緒書きには「文禄2年(1593)津軽為信が朝鮮へ軍を派遣する際に、海上安全国土繁祥の祈願所とする為に『宝量宮』として建立した」とありました。
d0108344_7354132.jpg


承応元年(1653)にこの地に遷宮したそうです。もとはどごさあったんだべ。
d0108344_7364974.jpg


一の鳥居をくぐって左手に池に、親しみやすい顔をした龍神様がいました。
d0108344_7374983.jpg


拝殿上のたわむれる獅子。
d0108344_739787.jpg


2007.06.22
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-28 07:40 | 神社
<< 海童神社の狛犬『い』 板柳町表町 八幡平の植物 >>