最後のたけのことり

たけのこって…一体いーんづのはなしよ~?と我ながらあきれますが、はじめて遭う花っこも多かったので、記録しとぐべしの。ふたつきも前のはなしだよ、まったく。
(8/24に記事にしましたが、9/9修正)


酸ヶ湯と睡蓮沼の間で薮に入りました。
ぶな、まだこんなでした。今年はぶなにつく虫が大発生したとかで田代あたりのぶなはぼろぼろになっています。
d0108344_1019158.jpg





道路っぱたのうわずみざくら(上溝桜、ウワズミザクラ)。しべを長くしたななかまどのような花っこです。
d0108344_10352721.jpg


やぶでまりの散るけものみちをよじのぼっていきます。
d0108344_10194144.jpg


たけのこはほとんど竹になっていたので、S氏にまかせて薮の間をばやばや。
d0108344_10265753.jpg


落ち葉の下でまどろんでいたぎんりょうそう(銀竜草、ぎんりょうそう)。あやうく踏んずけるところでした。
d0108344_10223011.jpg


りんご飴のようなこようらくつつじ(小瓔珞躑躅、コヨウラクツツジ)。花の大きさは1cmほど。
d0108344_10211470.jpg


みつばおうれん(三葉黄蓮、ミツバオウレン)。葉っぱ、ほんとにみつばみたいです。
キンポウゲは有毒のものが多いそうです。あぶないあぶない。
d0108344_10233379.jpg


栄養がたりないいちりんそうのような君は、一体だれなんだい?
d0108344_10244940.jpg


べにばないちご(紅花苺、べにばないちご)。今頃熟しているであろう紅い実は、しぶくてまぐないそうです。
d0108344_10254532.jpg


紅い実が落ちてる~と思ったら、落ちているのではなく、生っていました。一体きみも何者?あかもの?なんか違う。
d0108344_10263843.jpg


つつじ。車で走っていてもぱっと目立つ花っこです。
d0108344_10273697.jpg


つまとりそう(褄取草、ツマトリソウ)。花弁の縁が紅いのもあるそうです。めんこいべな~。
左にうつっているのは、まいづるそう。
ふだんは車でばびっと通り過ぎてしまうところですが、色々おがってるんですね。
d0108344_10295034.jpg


かえでも花盛り。小さな花火のようです。
d0108344_10303626.jpg


雪の重みでか、幹はぐねぐね。
d0108344_10334590.jpg


その間S氏の両親は酸ヶ湯で湯につかっていました。
名物たけのこ入りおでんをご馳走になって、山からおりました。すんげーぶっといたけのこ!!
d0108344_1032010.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-06-23 10:37 | 植物
<< ささのはとり 弘前八幡宮の狛犬『ろ』 弘前市八幡町 >>