貴船神社 弘前市十面沢

弘前市街地から巌鬼山神社へ向かう途中にある神社です。
ちょうど例祭の日でのぼりがたっていましたが、誰もいませんでした。
d0108344_10125357.jpg




社号標では「貴舩」になっています。
十面沢の由来は、藤蔓(十面)が多くおがっていることよりきているといわれているそうです。
d0108344_10154462.jpg


もう一柱ある社号標も、「貴舩」。
d0108344_10161820.jpg


鳥居をくぐって坂をのぼって行くと、ぽかっとした広場のすみっこに社殿がありました。
普段はシャッターがおろされているようですが、大祭の日である為か扉を開け放ってあります。
d0108344_10172871.jpg


社殿にはられた注連縄には、紙垂や藁束のほか、唐辛子や昆布のようなものも編みこまれています。
正月に櫛引八幡宮にお参りにいったときには、松の枝に煮干しや凍り豆腐、炭などが留められていました。節分のいわしの頭のように、厄除けのようなものなのでしょうか?
d0108344_1021082.jpg


中に入る度胸はないのでそっと中をのぞいてみると、鮮やかな絵馬が多数奉納されていました。
賽銭箱が中にあるということは、上がりこんでもいいということなんだべが。うーん。
d0108344_102395.jpg


社殿の左手にはまた鳥居があり、石段が上へと続いています。
まわりがちょっとした公園になっているので、公園への道かと思いましたが、御神体である岩が先の山頂にあるそうです。
時間が足りないので、のぼらずにきてしまいました。
d0108344_10253589.jpg


御祭神は闇おかみ神(くらおかみのかみ、おかみはおがみ神社の龗と同じ)、水の神様のようです。
d0108344_10283324.jpg


2007.08.16
[PR]
by bayabayatto | 2007-10-15 10:29 | 神社
<< 貴船神社の狛犬 弘前市十面沢 駒フェスタ十和田 >>