ろっかしょ産業フェスティバル

きのうとはうってかわって晴れ晴れとした今日、六ヶ所村の産業フェスティバルに行って参りました。
英語の案内は「さけまつり」。日本一のメス鮭まつりでもあるらしいので、いいのか。
d0108344_22342068.jpg




いくらを漬けるタレと、粕汁の用意をして、いそいそと六ヶ所へ。
国道から会場である漁港への道は思わぬ大渋滞でした。
d0108344_22355015.jpg


どいたどいた、鮭のお通りだ~!!
このまつり、いくらが詰まったメス鮭を1本1700円でつかみどりすることができます。
d0108344_2236544.jpg


諸事情で前売り券を買うことができなかったのですが、下田の鮭まつりは当日券で余裕だったし~、と甘く見ていたら「当日券は完売で~す」という放送が…がーん!!
悔しいのですが、つかみどりの模様をのぞいてみました。
胴つきを着ているひともいれば…
d0108344_22392788.jpg


はだし、長靴も。
っか~、わたしも膝下までの長靴に短パン、ジャンパーの胸ポケットには軍手、という重装備だったのに!!(首に巻くタオルは忘れました。それがいけなかったのか…)
d0108344_22405291.jpg


11時から午前の部開始です。(午前、午後の2回行われます)
いきなり転ぶひと…鮭もびっくらこいだびょん。
d0108344_2242286.jpg


獲ったどー!!
一昨年わたしも下田でつかみましたが、ぬるぬるしているし、しっぽを掴んで持ち上げればぐいーっと反って暴れるしでなかなか大変でした。
d0108344_22424970.jpg


転んだひとも、無事捕まえることができたようです。いがったいがった。
制限時間3分といっていましたが、捕まえることができなかったひとはどうするんだべ?
d0108344_22451046.jpg


未来の漁師か。
d0108344_2245448.jpg


あまりにもがっかりしているわたしをみて、S氏がミニいくら丼と鮭汁をご馳走してくれました。
いくらきらきら、汁の鮭はとろーり、めがったです。
うしろのおどさま、それはなの船っこだが?
d0108344_22464555.jpg


どうでもいいんですが、この鷹くん、なんてお名前だべ。
d0108344_22493634.jpg


まつりののぼりや看板、ショッピングセンターでも大活躍!!
d0108344_22501742.jpg


帰宅後、粕汁用に煮ていた野菜は豚汁となりました。タレはどうしよう…またさんまでも煮るが~。しょぼーん。
鮭は残念でしたが、会場までの道もきらきらときれいだったので、いい休日でありました。
d0108344_22512337.jpg


去年下田でS氏が掴んだはなまがり(オス鮭)。ビニルに触れている箇所の色がかわってしまい、不思議な色に…。下田のまつりではオスのつかみどりですが、メスがほんのわんつか混ざっているとの噂です。
d0108344_22554916.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-10-28 22:51 | 催し
<< 春菊 雨のきのこ採り >>