小川原湖のおおはくちょう…とゆりかもめ、おなががも

2008.01.24

ぬうううっ!!
d0108344_17522892.jpg




横なぐりの雪が吹きつける小川原湖。
メシを食いにでかけられないのか、ほとんどの鳥たちが寝ていました。
d0108344_17533993.jpg


エサの気配に気付いたやつが、ばっさばっさと羽ばたきながら走ってきました。
脚だけで歩くより、早く移動できるようです。
d0108344_17544711.jpg


あっという間に囲まれてしまいました。
かなり空腹だったようで、パン袋をしっかり抱き抱えても頸がのびてきます。
1羽のおなががもはなぜか執拗に指輪に食らいついてきました。
d0108344_1755166.jpg


1枚目と同じ固体。
たまにこのように薄い色の虹彩をしたやつがいます。
個体差なのか、うみねこのように年齢がいくにしたがって色がかわるのか…。
ほとんどのやつは、後ろに写っているように、濃い茶色。
d0108344_1814100.jpg


こどもの虹彩も濃い茶色。
d0108344_1823471.jpg


ゆりかもめも濃い茶色。
おぐしが乱れてますよ!!
d0108344_1833294.jpg


おなががもも濃い茶色。
頬袋にたんまり詰め込んでいそうですが、頬袋はありません。
d0108344_1834358.jpg


例に寄って突然くあーくあーと啼き交わしだすつがい。
調べてみたところ、「おらんど夫婦(家族)だもんね!!」という挨拶らしいです。
小川原湖にはこはくちょうが多い、とも本で見ましたが、おおはくちょうしかいない…。
d0108344_1872190.jpg


こどもの背中はまだらになりました。
うまれて1年で真っ白になるんだべが。
d0108344_1881229.jpg


すました顔のゆりかもめ。
がしかし、啼き声はなかなかのダミ声。
d0108344_1885269.jpg


あっという間に1袋のパンは食い尽くされ…。
「そこのむらさきのたてものから、もっと買ってきてちょうだーい」
ヒトからエサを貰っている時以外、滅多に鳥同士が争うことはないのだそうです。近くでは見たいが、ケガもしてもらいたくはない、複雑。
d0108344_18112574.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2008-01-26 18:11 | いきもの
<< さくらんぼ ラグノオシュー >>