南部地方えんぶり 剣吉諏訪神社奉納

2008.02.09
剣吉諏訪神社奉納のまた続きです。

社殿前の奉納がはじまりました。
ぐっと姿勢を低くした太夫が、しゃらん、しゃらんと鳴輪を鳴らしながら本殿前へ進み出ます。
d0108344_12483142.jpg





親方の振る采にあわせ、深々と一礼。
d0108344_1249205.jpg


剣吉のえんぶりは「どうさいえんぶり」。
烏帽子を振るたびにわっさわっさとなびくたてがみが圧巻です。
d0108344_1314946.jpg


太夫の摺りのあとは、こどもの舞い。
松の舞だべが~。
d0108344_1344685.jpg


後ろに控えた太夫は口上の合間に入る掛け声とともに、杖を打ちつけ鳴輪を鳴らします。
d0108344_1372311.jpg


社殿から見守る神職。
d0108344_139240.jpg


テレビ局のカメラを前に緊張。
d0108344_1394722.jpg


恵比寿舞の鯛係り。
なかなか釣らせてはくれません。
d0108344_13103186.jpg


緊張でこわばった表情も、舞いがのってくるにしたがってほぐれてきます。
(釣れた鯛を)函館の湊につけようか、それとも八戸の湊につけようか、やっぱり諏訪神社にさしあげよう。
d0108344_13115020.jpg


こどもの舞いがおわると、再び太夫の摺りにはいります。
d0108344_13122120.jpg


見ているだけで首が痛でぐなる~。
d0108344_13124838.jpg


若い頃は太夫をつとめたんだべが。
d0108344_13135719.jpg


せっかく苗を植えたたんぼから水が出てしまわないように、畔留め。
d0108344_13152674.jpg


摺り終わりの御礼。
見ている側も、息がとまります。
d0108344_1317071.jpg


摺りの激しさに、羽織紐がはずれることも。
d0108344_13173442.jpg


ほっと一息ついて、目抜け通りの行列へ向かいます。
石段の下で摺っていた組は、いつの間にかいなくなっていました。
d0108344_13195342.jpg


拍手でお見送り。
d0108344_13201354.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2008-02-13 13:20 | えんぶり
<< 南部地方えんぶり 剣吉諏訪神社奉納 南部地方えんぶり 剣吉諏訪神社奉納 >>