霧雨の野山

2008.05.05
たげのご採りさ行った日

水晶のボールばずしっと提げだいんた、すぎなっこ。
こたらだクリスマスツリー、欲しいなあ~。
d0108344_10133393.jpg




ふきの葉っぱも、雨粒でおめかし。
こたらだテーブルクロス、欲しいなあ~。
d0108344_10133924.jpg


産毛におおわれた、うまれたてのやまぶどうの葉っぱ。
宝石だけんた実もたのしみ。
d0108344_101455100.jpg


霧を吸って透きとおっているのは、もみじいちご。
この実も大事にしまっておきたいぐらい、きれい。
d0108344_10155399.jpg


とちの木もつぼみを用意。
花が咲いてから雨が降ると、重そうにしなってきます。
d0108344_10164597.jpg


こぶしもまだ咲いでら。
森の中の燭台。
d0108344_10172650.jpg


まだまだ蕾小さいがんじゃしば(たにうつぎ)。
もう飴っこみてだ花っこ咲いでらべな。
d0108344_10182342.jpg


誰かがかじったかつらの葉っぱ。
霧ずっぱど吸い込んで、ますますめぐなってらんでねべが。
d0108344_1019205.jpg


しろばなのへびいちご…だべが。
花びら5弁だったり6弁だったり7弁だったり。
花がおわって実の用意してるのは、がくに水滴びっちり。
d0108344_10211753.jpg

おらのお肌は…いつの頃からか水はじがねぐなてまたじゃー!!
(ろ・う・か!!)
[PR]
by bayabayatto | 2008-05-26 10:21 | 植物
<< 蕪島のうみねこ 夜の八甲田…とか >>