番町の渋い建物

八鶴工場を曲がって、一本裏通りへ。

渋い、は失礼だべが?モードやさん。
d0108344_20555227.jpg




一本裏通りに入っただけで、何だか凄いことに…。百貨店裏。
d0108344_20562129.jpg


新聞やさんの階段。
d0108344_20571535.jpg


ビルと谷間に、廃墟。
d0108344_20573773.jpg


クリーニングやさん。そろそろ外套を洗いに出さなきゃな。
d0108344_20581624.jpg


新しめの建物の陰に、蔵。
d0108344_2059751.jpg


柱が傾いで、引き戸が合わなくなってしまった模様。
d0108344_2111893.jpg


二階部分にも窓があったのかな。
d0108344_2115382.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-04-08 21:11 | 八戸のいいどご | Comments(4)
Commented by 藤九郎 at 2007-04-10 21:55 x
これもまた渋いですね。
少し前、太めをあげたときこの建物が目に入って思わず惚れ直した覚えがあります。
いつもお金落ちてないかなあ、って下ばかり見て歩いてるので・・・。
Commented by bayabayatto at 2007-04-10 22:20
藤九朗さん、こんばんは~
太めをあげたとき…南部弁!?と思って検索してしまいましたが、「ふと、目を上げたとき」でいいんですよね?
上ばかり見てあるいているので、よくつまづきます。足元にあるいいものも見落としているのかも。油断がなりません。
Commented by 藤九郎 at 2007-04-11 21:50 x
おお、誤変換でした。
失礼しました。
足下ばかり見ていてもなかなかお金は落ちてないもの。
上を向いた瞬間に鳥の糞でも落ちてこないかと心配です。
でも、たまに違う視線で歩くといい発見がありますよね。
Commented by bayabayatto at 2007-04-11 21:56
藤九朗さん、こんばんは~
お金…幼少のみぎりに折り畳まれた1000円札7枚を拾ったきりです。最近は1円も落ちてませんねえ。
鴉が先回りして電線に留まったら、要注意です、奴らは狙っています!!
<< 片栗 かたくり ご近所の生狛 >>