三戸大神宮 夏越大祓 茅の輪くぐり

今年も半分が過ぎようとしています。
あちゃこちゃの神社で、半年の災いや罪を祓い、残り半年の無事を祈る夏越大祓(なごしのはらえ)が行われます。
と、さもさも「むがしっから行ってらんだい」というような書き方ですが、はじめての体験です。あしからず。

先週に引き続ききいちご摘みにでかけたついでに、またまた三戸のしんめいさま(三戸大神宮)にお邪魔して参りました。
やった、もう茅の輪出てる!!
d0108344_17135067.jpg

本当は大祓は本日16時から行われるのですが、明日早朝青森に行かねばならないため、早めのお参りをさせていただきました。



鳥居に茅でできた大きな輪が提げられています。
この輪、茅をみっちり編んでいたり、色々な種類があるそうです。ここの輪は竹でできた土台に茅をまきつけてあります。
神明宮、八幡宮だけのものかと思ったら、どこの神社でも行われるはずの祭事だそうです。
しかし茅が手に入りづらくなってしまったため、やっている神社はわずかになってしまったそうです。
d0108344_1717152.jpg

八戸では神明宮、小田八幡宮で行っています。八戸の神明宮では日付がかわるちょっと前に提げるそうですよ。17時頃花火がなって、にぎやかな音楽がきこえてきています。

さて…中尊寺の白山神社では、ただくぐってきてしまったのですが、ここには正しいくぐり方の案内がありました。8の字にくぐるのですが…。
d0108344_1718639.jpg

えーと…神殿の前にあるということは、お参りする前にくぐるんだいな?あれ?でもくぐり終わって、お参りするにはまたくぐるの…?
悩みましたが、8の字にくぐった後は、茅の輪をくぐってお参りしても、鳥居と茅の輪の脇を通ってお参りしても、どちらでもいいそうです。

形代人祓もやるんですね。
青森市の廣田神社では、通年受け付けているようでした。
d0108344_17215564.jpg


鎮魂碑や杉原凱先生のお墓に、花と一緒に茅が供えられていたので、「神式では茅を供えるものなんだな」と感心していたのですが、「茅の輪に用意した茅が余ったので、お供えしてみました」とのことでした…騙されるところでしたよ、禰宜さん!!
d0108344_17281981.jpg


今日も手ぶらでお邪魔したうえに、S氏は珈琲、わたしはそば茶、焼き菓子までご馳走になってしまいました。いろいろお話を伺って、更にはミニ茅の輪のお土産までいただいてしまいました。
あつかましくて申し訳ございません。お世話になりました、有難うございます。
d0108344_17315658.jpg


三戸大神宮では、1週間ほど茅の輪をさげておくそうですので、お近くへ行く用がありましたら、寄ってみては如何でしょう?
こまいぬも待ってるぞ、寄ってがんせ~。
d0108344_17221347.jpg


絵馬や植物の写真も撮らせて頂いたので、後ほどご案内したいと思います。
[PR]
by bayabayatto | 2007-06-30 17:36 | 神社 | Comments(8)
Commented by きんた at 2007-07-01 01:42 x
三戸のしんめいさまでも、茅の輪くぐりってあるんですね!
実家から歩いて10分で行けるので、帰ったときに行けたら行ってみます。
地元のいいところって、あんがい気付かないものですね。
Commented by tnysatcmo at 2007-07-01 12:08
わたしも昨日の夜くぐってきました。
あんなに大掛かりに見えるのに、結構2〜3日で取り払ってしまうので、時々くぐれない年があります。その年はちょっとだけ健康が不安。。。
狛犬さんんも見守っていますね。
Commented by jazz_3773 at 2007-07-01 22:50
こんばんは。
私も弘前でくぐってきました。
凄い人出でしたよ。
こう言う、伝統的な行事に遭遇したことが嬉しいですね。
Commented by bayabayatto at 2007-07-02 06:54
きんたさん、おはようございます~
ここの茅の輪くぐりは、ずーっと前からやっているそうですよ。でも屋台などがでないので、こどもには興味がないのかもしれませんね。
氏子さんが育ててくれている茅でつくられた輪、ぜひくぐってみてください。絵馬殿の絵馬も素晴らしいですし、禰宜さんの神社マニアっぷりも素晴らしいんですよ~。
Commented by bayabayatto at 2007-07-02 07:00
とにゃままさん、おはようございます~
毎年くぐりに行ってるんですね、風流だな~。どこの神社だべ~?どんな輪っかだべ~?記事にするの愉しみにしてます。
くぐるとくぐらないのでは、やっぱり違いますか?
茅がすぐ茶色くなってしまうので、水をかけたりと1週間ほどでもかけておくのが大変なんだそうですよ。
Commented by bayabayatto at 2007-07-02 07:04
jazzさん、おはようございます~
jazzさんもくぐられたんですね。記事たのしみです。
昨日の読売新聞に、岩木山神社の茅の輪くぐりの記事が出ていました。弘前地方も色々な風習が残っているようです。いいなあ~。
Commented by りんご at 2007-07-02 13:17 x
こんにちは! jazzさんのところで、
「津軽地方では茅の輪くぐりあんなり見かけませんね~」とかコメ残してきたりんごです。
はっ、恥ずかしい!岩木山神社でもあるのですかー!
知らないって、ほんと恥ずかしい。。。です。
先に bayabayattoさんのブログを拝見しておけばよかったです。。。
あ~。
しかし、こちらは神社の宝庫ですね。また、勉強しに参ります!
Commented by bayabayatto at 2007-07-02 18:13
りんごさん、よぐ来てけだの~
津軽、というより青森ではあまりやっていない神事だと思いますよ。母も新聞を見て、はじめて知ったと言っていましたし、弘前に何年か住んでいた主人も知らなかったようです。そういうわたしも昨年八戸に越してきて神明さまのをニュースで見て、なんかそういえば全国ニュースでやるよな?と思いあたったくらいです。
岩木山神社のは、最近調べ物をしている時に知りました。知らなくてもおかしくないと思いますので、ご安心を!!
<< 名川のさくらんぼ 続 雨の種差海岸 >>