藤ヶ森稲荷神社のきつね『ろ』 八戸市類家

石段をのぼり、鳥居をくぐったところにいる『ろ』。

右のきつねは宝珠をくわえています。
d0108344_10234370.jpg




『い』と同じく、左のきつねは何もくわえていません。
d0108344_1024295.jpg


今のきつねのようにあまり細さは強調されておらず、ころころとした子ぎつねのようです。
d0108344_10252920.jpg


2007.03.04
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-03 10:27 | 神社 | Comments(2)
Commented by 藤九郎 at 2007-07-03 18:46 x
義経伝説巡りの時にここに行きました。
残念ながら狐はスルーしちゃいました。
顔つきは怖いけど、体のラインは丸っこくてめごいですなあ。
Commented by bayabayatto at 2007-07-03 20:00
藤九郎さん、こんばんは~
藤九郎さんも義経伝説めぐりをされたんですね。
おっかない顔ですか?左なんかニンマリしていて、なかなかの「笑いきつね」だと思うのですが~。今のきつねはどれもおっかないですねえ。
ブログ開設当初は、狛犬にばかり気をとられてきつねをあまり見ていなかったので、そのうちじっくりきつね巡りをしたいと思っています。
<< ふき採り 藤ヶ森稲荷神社のきつね『い』 ... >>