中野神社のにわとり 黒石市南中野

四の鳥居をくぐったところに、1対のにわとりがいます。
なぜにわとり…?(左)
尾ととさか、目に色がはいっています。
d0108344_11461785.jpg




太鼓のようなものの上にとまっています。(右)
共通点は、刻を告げること?
d0108344_11465650.jpg


う~ん、どっちもおんどりだべが。阿吽にもなっていません。(左)
紫色のショールがおしゃれ。
d0108344_1148031.jpg


しっぽ。(右)
d0108344_11482218.jpg


昭和37年6月28日 中野 黒森婦人一同建之。
石匠は倉嶋さんです。
d0108344_11483557.jpg


2007.06.01
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-12 11:51 | 神社 | Comments(8)
Commented by 藤九郎 at 2007-07-12 21:28 x
狛鶏?
狛犬は・・・いないんですよね?
いったいどういういわれがあるんでしょうか・・・。
でも、これは一度見てみたい神社ですなあ。
Commented by tnysatcmo at 2007-07-13 00:57
ショール、おしゃれですね。似合ってます。
誰がコーディネートするのかしら〜?
おっされ〜。
Commented by tp at 2007-07-13 07:26 x
秋田市内からの発信です。
12日 太平山三吉神社を急ぎ訪問しました。狛犬は2対。古いもので昭和2年と比較的最近のものでした。写真は帰宅してからmailにて。
 秋田大学附属鉱業博物館も見ました。
13日 早朝5時~6時、石敢当(字が異なります)を数基、タクシーにて見て回りました。
*余談*
 寡聞にして知りませんでしたが、三吉神社には梵天祭りがありました。
土曜日の夜遅くに戻ります。日曜日、S神社の禰宜Y氏に「プレゼント=三吉神社のミニ梵天」をお預けしておきます。後日、立ち寄った際にご笑納ください。(遠慮は無用です。)
Commented by しんめいくん at 2007-07-13 08:49 x
 おはようございます。右大臣左大臣像は地域性があるようですね。当宮もご承知の通り、殿内に両像安置しておりますが、他社とくらべるとリアルタイプですね。(両像おひげを蓄えておられます。)
 お陰さまで「しおり」が完成いたしました。ターボペンギン様のおみやげもあるようなので、お近くにお越しの際はご遠慮なくお立ち寄りください。
Commented by bayabayatto at 2007-07-13 08:55
藤九郎さん、おはようございます~
狛犬、ちゃんといます。昨日はこの後猛烈なダルさに襲われ、寝てしまったんですねー。すいません、これからとりかかります。
この日は誰もいませんでしたが、秋のもみじの頃には神社のひとや近隣のひとも出てきていそうなので、機会があったらきいてみたいですね。
Commented by bayabayatto at 2007-07-13 09:00
とにゃままさん、おはようございます~
氏子さんがかけてくれるんだと思いますよ~。よくあるきんきらきんの布(これはこれですきですが)ではなく、無地の紫を選んだところがこれまたニクイですな。嘴の黄色が映えます。
これ、めんどりだべが~。ショールかぶった津軽のかっちゃに見えてきました…。
Commented by bayabayatto at 2007-07-13 09:11
ターボペンギンさん、おはようございます~
三吉神社の梵天祭、すごそうですね。ぱっと見、子授け祈願?と思ったのですが、五穀豊穣祈願なんですね。(まあどっちも同じ?)
狛犬画像どころか、お土産まで…!!有難うございます、図々しく遠慮なく頂きたいと思います~。
秋田大学付属鉱業博物館、面白そうですね。鉱石も見るのがすきなので、行ってみたいです。
Commented by bayabayatto at 2007-07-13 09:16
しんめいくんさん、おはようございます~
というわけで、また近々お邪魔させていただきますのでよろしくお願いいたします。むささびのしっぽも見られるべが~?
そちらの随神像も、前は外にいたのでしょうか?ふりかえって見てみて、お、両方髭たててら!!と気付きました。顔の皺で齢を表しているんですね。
狛犬に馬、更に随神像…どんどんメモリが足りなくなってきております。
しおり、やっぱり狛犬はナシですか?
<< まもるくん 中野神社 随神門 黒石市南中野 >>