鬼神社の鯛 弘前市鬼沢

狛犬だけでなく、こんなのもいます。
鯛…鯛だよな。(右)
d0108344_837156.jpg




残念ながら阿吽にはなっていません。
神殿を向いて、横たえられています。(右)
d0108344_8383292.jpg


りっぱなうろこ。(左)
d0108344_839697.jpg


びっと反っていて活きはいいようですが…(右)
d0108344_8395255.jpg


表情は無気力。ん?生き生きした鯛の表情ってどんなだ?(右)
d0108344_8404314.jpg


昭和53年旧5月29日建之。
金魚のようなしっぽ。(右)
d0108344_8415978.jpg


2007.06.22
[PR]
by bayabayatto | 2007-07-22 08:42 | 神社 | Comments(4)
Commented by jazz_3773 at 2007-07-22 21:11
こんばんは。
鯛と言うより「青ブダイ」のような感じ(^^;)。
鯛が寝ているのも不思議!
Commented by bayabayatto at 2007-07-22 21:38
jazzさん、こんばんは~
ブダイ…『神様にあげるんだから、鯛だべ!!』という先入観をとっぱらうと…うんブダイでもおかしくない!!『青い目』つながりでアオブダイでも…でもブダイはこのへんで釣れるのか?ならコブダイ?でもコブがない…謎は深まります。
馬は生きたまま奉納するので立っていますが、魚は大抵こと切れてから奉納されるので、このようにのだばっているのでしょうね。
Commented by 藤九郎 at 2007-07-23 20:15 x
古いものかと思ったらそうでもないんですね。
どういういきさつで作られたものなのか、知ってる人がまだいるかもしれませんね。
神社というと狐に狛犬オンリーってイメージだったので新鮮です。
Commented by bayabayatto at 2007-07-23 22:22
藤九郎さん、こんばんは~
そうです、新しいんですよ~。
わたしとひとつ違い?と思うと古い感じがするのですが、石造ものとなるとまだまだ新鮮ですね。
神社にはいろんなものがいます。「魚を奉納してえんだばって…石の」と話を持ちかけられて、石やさんもさぞかしべっくらこいだべなあ~。大祐神社にも、鮭がいるのでは?と期待して行ったのを思い出しました。いないんですよね~。
<< 鬼神社の馬 弘前市鬼沢 鬼神社の狛犬『に』 弘前市鬼沢 >>