うみねこのおやこ

親のあとを追っかけて、ベンチのせもたれにのぼってきました。
d0108344_12471617.jpg




からだはいっちょまえに大きくなりましたが、ピィーピィーと啼きます。
さかんに親に餌をねだっていましたが…
d0108344_124953.jpg


そっぽを向かれてしまいました。
d0108344_12492855.jpg


このこどもは少しだけ親から餌をもらっていました。
d0108344_12501358.jpg


この親子はおそらくこの親子。ちょっと遅めにうまれたひなです。
ピィピィ啼きながら親の喉元をつっつき、餌をもらっていました。
d0108344_12514023.jpg


親が餌を吐き戻すと、ほかのこどもも寄ってきます。
親はそれをくかー!!と追い払っていました。
d0108344_1252292.jpg


ほかのこどもを追い払ったあと、親は採餌のためか、そのままどこかへ行ってしまいました。
一月前に隠れ場所にしていたサルビアを追い越してしまったので、花壇を向いてしんみりしていました。
d0108344_12542362.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2007-07-30 12:55 | いきもの | Comments(2)
Commented by yurikamome0403 at 2007-08-11 20:43
こんにちは、
ちょっとタイミングずれのコメントで申し訳ないですが・・・・
ヒナと幼鳥の間の、微妙な年齢のウミネコですね。
体の大きさはいっちょまえなのに、まだ本当は親に甘えたい、みたいな。
人間で言えば中学・高校生くらいの生意気ガキってとこでしょうか。

それにしても、この時期のウミネコ、私にとってはなかなか見ることができないので貴重なものです。
Commented by bayabayatto at 2007-08-17 21:35
yurikamomeさん、こんばんは~
カムチャッカからお戻りだったんですね、うみねこのふるさとは如何でしたでしょうか~?
ほんとに図体はもう立派なくせに、ピイピイとまとわりついていて親も大変そうでした。
もう蕪島から離れた田んぼや川で冒険している頃ではないかと思います。南に渡る前に、もう一度様子を見に行ってみたいと思っています。
<< うみねこのあそび うみねこのこども >>