泉山地区七歳児初参り 其の弐 三戸町泉山

ターボペンギンさんより、泉山地区七歳児初参りの画像が入ったCD-Rを2枚頂戴していました。
前の記事は1枚のみを使いましたが、もう1枚の方も記事にしてもよいという有り難いお返事を頂いたので、ご紹介させていただきます。

可憐な印象の狛犬 阿。
長谷寺 荒澤不動明王にいるそうです。一度ばやっとしてみましたが、気付きませんでした…。
d0108344_18123596.jpg




こどもたちが手形を押していた絵馬です。どんな絵馬なのか気になった方もいらっしゃったのではないでしょうか?
祈願の文字がいいですね。名久井岳をみると『山』という漢字の成り立ちがよくわかるような気がします。
d0108344_18135944.jpg


奥宮の絵馬掛けはどこにあるのかな?と思ったら、お社の後ろにあるんですね。
草鞋もさがっていますが、昔は草鞋でのぼったそうです。
指をそろえる子、広げる子、さまざま。
d0108344_18154415.jpg


里宮で留守を守る女の子たち、何かもらっています。
折り紙などで境内を飾ったようですね。
d0108344_18162734.jpg


これは薬師堂でしょうか?
ここにもこどもたちの飾りつけがされています。
d0108344_18173228.jpg


登山道…やはり初心者には無理ですね。どこが道なのか…。
d0108344_18254960.jpg


そしてこどもにもきつかったようです。
ちゃんと絵馬を腰にさげています。がんばれ!!
d0108344_18252014.jpg


奥宮には普段は注連縄ははられていないようです。それとも新しいのと交換したのでしょうか?
d0108344_1821397.jpg


地衣類の痕がびっしりとついた燈籠。
本当にどうやってここまで上げたんでしょう。しかも下の方の台座は新しいようにみえます。
d0108344_18215298.jpg


冬はすっぽりと雪に埋もれてしまうのでしょうが、彫刻はぴかぴか。
d0108344_18224896.jpg


玉串の用意をする三戸大神宮の禰宜さん。
(もっとしっかり顔写ってる画像の方がいいですかー?)
d0108344_18234380.jpg


ひとりひとり玉串を奉納しています。
d0108344_18271226.jpg


しっかり持ってね~。
d0108344_18283433.jpg


ちゃんとお参りできたかな?
d0108344_18274372.jpg


食事の様子もしっかり撮影されています。
d0108344_18291039.jpg


禰宜さんは皿と箸を持って、あちこち回って歩くそうです。
d0108344_18295513.jpg


下山後、恵光院(長谷寺)でひとやすみ。
d0108344_18324059.jpg


里宮に戻って、無事帰還したことを報告しているところでしょうか。
この画像がいちばんすきでした。
d0108344_18335828.jpg


長谷寺 荒澤不動明王の狛犬 吽。
頭頂部に穴のようなものが見えるような…角のあとか、苔がそのように見えるだけか。
阿吽逆に置かれているようですが、とくに差し支えはないようですね。
d0108344_1836428.jpg


ターボペンギンさん、ありがとうございました!!

2007.07.25
[PR]
by bayabayatto | 2007-09-20 18:40 | 神社 | Comments(6)
Commented by ターボペンギン at 2007-09-21 03:39 x
ご紹介有り難うございます。
 台湾探訪No.2=正月明けに旅立ち、高雄と台北にて、古典地理学、中国武術、漢方や中国茶などについて探訪の予定です。
 旅行代理店の案内ではこのようにオーダーメイド感覚の旅はなかなか出来ません。現地に友人があって初めて可能になります。後に、「旅の友ネット」のような名称で、友人の「見たい、味わいたい、調べたい、体験したい」について現地の方が協力してくれるネットの構築を想定しています。
フリー百科事典『ウィキペディア *正確・公正とは限りません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%9B%E7%8A%AC
狛犬関連サイト
http://komainu.net/
http://www10.plala.or.jp/comainu/
http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/
http://homepage2.nifty.com/liondog/
http://enjoo.com/komaken/
http://blue.ribbon.to/~komainudou/
http://www.228400.com/
http://oguri.cside1.jp/
Commented by きんた at 2007-09-21 22:30 x
三戸出身ですが知らない風景です。
こういう行事があるのは知っていましたが、映像を見たのは初めてです。
顔がはっきり分かれば知っている人がいるかも。
地元を知るのも大事なことだと思いました。
Commented by しんめいくん at 2007-09-22 09:26 x
 おはようございます。泉山七歳児初参り大特集、ありがとうございます。
 急峻なお山を親子、友達同士が手を取り合い登りきる素晴らしい神事です。
 家庭内や友人間で痛ましい事件が多い昨今、この神事も益々重き意味を持つことになるでしょう。
Commented by bayabayatto at 2007-09-22 09:34
ターボペンギンさん、おはようございます~
貴重な画像、ありがとうございました。わたしは参加できないので、二重に嬉しかったです。
旅の友ネット、たのしみですね。ガイドブックではわからない素敵なところが集まるといいですね~。
あちゃこちゃの狛犬サイトを見ると、わたしなんてまだまだケッツが青いわ!!と痛感いたします。日本の狛犬はなんでもごちゃまぜに取り込んでしまう日本らしいものなのかな、と思いますね~。
Commented by bayabayatto at 2007-09-22 09:44
きんたさん、おはようございます~
特定の地域だけの神事だそうなので、同じ町に住んでいても実際に目にするのは難しいようですね。紹介しきれないほどの画像を頂戴することができました。「○○のおどさまだべ~!!」なひとが写っていたのかも~。
きんたさんが7歳の頃には、この地区にもいっぱい7歳児がいてもっと賑わっていたのかもしれませんねえ。
わたしが30年暮らした青森市にも、知らない神事がひっそりと息づいているのかもしれません。奥深いよ、青森。
Commented by bayabayatto at 2007-09-22 09:51
しんめいくんさん、おはようございます~
色々と教えていただき、ありがとうございました。
画像を見ると、あのしんどさが甦りますでしょうか?
のぼっているところはつらそうでしたが、山頂でみんな笑顔なのがいいなあ、と思いました。これからの長い人生、つらいときにもこのことを思い出し、何でものりこえていけるひとになってくれそうですね。
来年もまたおつとめ頑張ってくださいね~。
<< 留守にします 南郷のおんまさん >>