初夏の三戸大神宮

2008.05.28
同行の友人さ、「このバチあたりもんが~!!」と叱られました。
ついつい…すいません。
d0108344_9332185.jpg

つつじといえば…南部氏庭園春の公開は6/2月曜まで!!



つつじに彩られた参道。
苔も青々としてきました。
d0108344_935992.jpg


今年は春にさくらがたくさん咲いたせいか、つつじの花つきはいまいちとのことです。
ぶわ~っと咲いでらのもいいばって、ぽつぽつっと咲いでら姿も夢のよう。
d0108344_9355015.jpg


お、キメラつつじ。
d0108344_9364596.jpg


びがーっとお日様の下では色が飛んでまるはんで、ちょっと翳ってるくらいがおらにはいいな。
(さつきなのかもしれないばって、区別つかないので全部つつじで…)
d0108344_9373036.jpg


葉っぱさ枝っこみてだのついでらよ…つっついでみだっきゃ、うに~っ!!
何のわらしだべな?
d0108344_9384314.jpg


つつじのほかにもいろいろ。
ひめしゃが。
しゃがの半分くらいのちびっこ花。
d0108344_9392094.jpg


どいつあやめ…?
この花ば見でると、とろっとなまぬる~い水の底さいるような気になります。
d0108344_9403486.jpg


下向きの花っこずっぱど咲いだったさくら…ぷりっとした実っこなってました。
葉っぱもちゃっけくてめんこいなあ~。
d0108344_9423234.jpg


おーっと、こないだわらび採りんどぎに見つけらいねがったささばぎんらん様でねの!?
お邪魔するたびに、新しい発見が…!!
d0108344_9431887.jpg


ぐみも実っこふくらみはじめましたよ~。
茅の輪くぐりの頃が食いごろだべな。
d0108344_944249.jpg


しゃがのつぼみの上で、ふんばってらくもっこ。
d0108344_9445028.jpg

とりっこの声もあれこれきけでらばって、木がこんもりと茂ってらので姿は見えず。

私信…おかあさまが「何だべ?」ってら黄色い花っこ、お母様の推測どおりおおだいこんそうでいいみてです。
[PR]
by bayabayatto | 2008-05-31 09:47 | 植物 | Comments(6)
Commented by しんめいくん at 2008-05-31 12:13 x
 ばやばやっと様 こんにちは。
先日はご参拝誠にありがとうございました。

あはは。お茶目な狛犬!なんかトロピカルな雰囲気です。ばやばやっと様が来てくれて、狛犬もたいそう嬉しそうです。

 当社の境内は、こうして写真で拝見すると植物園のようですね。綺麗な草花をベストな状態で維持していくことがこれからの課題です。
これからもいろいろアドバイス下さい。

”黄色い花っこ”の名称、「おおだいこんそう」ですね。ありがとうございました。
Commented by らーま at 2008-05-31 17:35 x
そちらは、東北のお伊勢さんなの?
ゆっくり見に行きたいなぁ。

とおいといいつつ、先週更に南下したとこさ行ってきたんだわ。
流石にのびで下道のんびり帰ったけどさ。

牡丹祭り見にいげだ?
Commented by bayabayatto at 2008-05-31 17:54
しんめいくん、こんばんは~
こちらこそ、ありがとうございました~。
つつじの花っこ、狛犬にくわえてもらおうとしましたが、無理でした!!
(噛まれるかも!?)
じゅうぶん境内を散策したつもりでいましたが、まだまだ知らないところがたくさん!!
今年ははるりんどうを見つけられなくて残念です。
うらしまそうもこの目で見てみたいですね~。
冬にあそびにくるきじやきつねにも会ってみたいです。
Commented by bayabayatto at 2008-05-31 17:59
らーまさん、こんばんは~
参拝手帳によると、文禄元年(1592年)伊勢神宮の御分霊をお祀りしたのがはじまり…だそうですよ。
夏は涼しいし、秋は紅葉…まだゆっくりあべ~。
八戸駅さでも迎えに行っからよ。
ふふふ、なんだかんだでらーまさんも遠くばばやばやしてらね。
ぼたん園さ行ってから、こさお邪魔したのでした。
画像整理がてぎで去年は記事さしねがったぼたん園…今年はどうなるがさよ。
Commented by 藤九郎 at 2008-06-02 20:15 x
これ、狛犬だべが?
丸っこい狛犬は古いって聞いたことがありますが、どうなんでしょう?
花がミスマッチっぽいけどちょっとおしゃれ、かな?
Commented by bayabayatto at 2008-06-03 08:56
藤九郎さん、おはようございます~
神社の方もいつからいるんだかわからないという逸品でございます。
「狛犬…だよねえ…?」ということにしてあります…。
おそらく、この風化具合といい、独創的な姿といい、古ーいものかと。
土地のひとが噂をたよりにこさえだものか、どっか狛犬がさかんなとっから運ばれてきたものか…妄想が進みます。
新しいのでも古いのでも、込められた祈りは一緒だばって、正直こういう古いのほど遭遇すると嬉しいですねえ…。
<< 南部氏庭園 春の公開 のすり…? >>