小田八幡宮の裏山

2008.07.01
ささのはき~らきら。
d0108344_12412990.jpg




茅の輪くぐりの参拝客でやや混みだったので、裏山ばばやっとしてすくのを待ちました。
いつごろから利用されているのか、幾筋も道がついでら。
d0108344_1242509.jpg


ぷりっぷりに実ったなわしろいちご。
日に透けたとこがいいなあ、と思ったばって、日陰でしか見当たらず…。
d0108344_124616100.jpg


もみじいちごも橙色の実を重そうにさげでら。
d0108344_124758.jpg


みずの茎、すけすけ。
食うには細いね。
d0108344_12473328.jpg


これは何だべ。
うりのき…?
d0108344_12545967.jpg


やまごぼうだべが?
漬物さするやまごぼうは、あざみの根っこ。これは有毒だそうです。
d0108344_12563343.jpg


はないかだ!!
はじめて見だじゃ~。花っこも見でみてがったな。
d0108344_12572559.jpg


つやつやっとした虫っこ。
d0108344_12575056.jpg


ささの葉先にしずくがきらり。
目で見れば虹色だばって、同じくは写らねんだなあ~。
d0108344_12585248.jpg

[PR]
by bayabayatto | 2008-07-08 12:59 | 植物 | Comments(10)
Commented by 螺亜馬 at 2008-07-08 22:26 x
こんばんは(^-^)v

お山の近くに有るの?
静かな場所なんでしょうね。

よく考えたら、津軽藩、南部藩とも城があり
城主をお祀りする神社に
由来する神社が多いのかしら。。

ふと。。
Commented by clear sky at 2008-07-08 23:58 x
水玉の先には虹色ですか!
綺麗だったんだろうなぁ~。
でも、これでも十分綺麗じゃないっすか?^^

花筏、きちんと見たの初めてかも^^
これが由来なんですねぇw
他のはちっともわからんw
やすおさんは、知識豊富だなぁ。
Commented by piko at 2008-07-09 08:53 x
笹のお写真からはじ゜まって、時間が ゆっくりと流れる
やすおワールドにうっとりです!!
日本の 美を感じますね!!
それにしても 緑と光・・・人間が作り出すことので゛きない 色
その美しさに魅了されますね。
やすおさんの 感性にも!!
さすが!! です。
Commented by bayabayatto at 2008-07-09 17:23
らーまさん、こんにちは~
自衛隊の駐屯地だのあるお山のふもとだす。
道はずっぱどついでらのに、だ~れもいない…遠い昔の時代のひととすれ違いそうな感じでそたよ。
下校時刻だのは賑わってそうだばっての。
お城で祀っていた神社がそのまま現在に残ってるとこ多いね。
館跡もたいてい神社になってて、「合戦跡」とかの立て看板あってびびることも…!!
こっちではあんまり藩主まつった神社って少ないような気ィします。
Commented by bayabayatto at 2008-07-09 17:30
clear skyさん、こんにちは~
何かこう、もっともっとびがーっ!!て感じに光ってたんですが、撮ってみたら…ありー?
フィルター使えばいいんだべがのー。
ま、わんつかだばってけぱけぱっと光の筋写ってらはんで、いべ。ありがとうございます~。
はないかだ、葉っぱに直に花が咲くそうで。なかなか素敵な名前です。
実は黒くなるようですよ。
世の中、まだまだ知らないことが多くて…ノーミソが追っつぎませーん。
Commented by bayabayatto at 2008-07-09 17:36
pikoさん、こんにちは~
この日笹ば見で「ああ、そろそろ七夕だいな~」と気付いたのに、あっという間に7/7は過ぎでまった~。
最近以前にもましてゆっくり過ごしすぎてる気もいたします…。
今日も日があるうちにアイロンがけ~、ど思ってらったのに、そろそろ日ィ暮れでまるべなー!!
木漏れ日きらきらだ林の中、気付けば時間経ってらんだいねえ。そして虫さもあちゃこちゃ食われでらんだいねえ…とほほ。
Commented by ZIN at 2008-07-10 11:19 x
小田八幡宮って義経北方伝説でも知られる神社なんですね。
私は行ったこともなければ,その歴史も知らない。
しかもやすおさんはその裏山を紹介してるのですから凄いですよ。
航空写真でみたら結構裏山は大きいですね。
行ってみたくなりました。
でもまずは神社からですね。
Commented by bayabayatto at 2008-07-11 10:55
ZINさん、こんにちは~
んだんだ、義経さん伝説のどごです。
義経さん伝説めぐりもしたいな、と思いつつ忘れてました…。
ここは去年狛犬さがしと参拝名人スタンプラリーに燃えていたときにはじめて行ったんですよ。
春先には数株ですがみずばしょう、えんれいそうが咲き、さくらの頃にはめじろが大群で蜜を吸いにきていました。
今はすいれんが見頃ですので、ぜひ行ってみてくださ~い。
裏山は今回は30分ほどばやっとしただけですが、じっくりまわればもっと時間かかりそうです。そしてもっといろんなものが見られそう~。
Commented by tnysatcmo at 2008-07-11 12:34
花筏 、さくらのおわり頃に水辺でみられる風景の語源になる植物なんでしょうか。
ワタシも初めてみました。
不思議な造形ですねえ。
Commented by bayabayatto at 2008-07-11 13:49
とにゃままさん、こんにちは~
はないかだ…ぽちっと花が咲いた葉を花が載った筏に見立てての命名…???
さくらの花筏は、水に散った花びらを筏に見立てて…うーん。
どんだんだべ?日本語は奥が深うございますね~。
(あっ、ごまかしやがったな!!)
葉っぱ1枚むしって、水に浮かべてみたくなりました。
雄雌別の木だそうで…両方の花っこも見てみたいなあ~。
<< 種差のとりっこ 八戸~弘前 >>